お金を借りる方法!即日で素早く借りる全手段

すぐにでもお金を借りる方法が知りたいという方に向けて、即日対応可能な消費者金融情報をまとめました。「即日お金を借りる方法」と検索すると、数多くの広告やサイトを目にすることが出来ますが、悪徳業者ではないのか?違法行為ではないのか気になりますよね。ここでは安心して即日お金を借りる方法をご紹介していきます。

・すぐにでもお金を借り入れたいのであれば利用するべきは消費者金融
・大手消費者金融の審査に通過しなくても借り入れられる可能性のある街金
・無職の場合は消費者金融でお金を借りられない!後払いアプリの活用方法

1. 消費者金融でお金を借り入れることは違法行為ではない!
闇金業者をモデルとした漫画が流行したこともあり、消費者金融イコール闇金と勘違いしている方もいますが、消費者金融と闇金は全くの別物です。消費者金融は内閣総理大臣や都道府県知事から登録を受けて営業を行っています。法律をしっかり守り、お金が必要な方に向けてお金を貸している会社なのです。闇金はこの法律を無視してお金を貸している会社で、本来は存在自体が違法行為です。

つまり、消費者金融でお金を借り入れることは違法行為ではありません。それどころがすぐにでもお金を借り入れたい方にとって、安心安全にお金を借り入れることができる1番良い手段なのです。

消費者金融からのお金の借り入れは法律に基づいている会社ごとの審査に通過しなければなりませんが、法律に守られながらお金を借り入れることができるため、非常に安心です。審査内容は消費者金融ごとに異なりますが、共通しているのが賃金法で定められている「借入額が年収の3分の1まで」というものです。年収300万円の場合、100万円を超えて借り入れを行うことはできないルールなのです。

そのためどの消費者金融でも年収の3分の1を超える借り入れは行えません。もし「年収の3分1を超えて融資可能」という会社があるとすれば、それは闇金ですので危険です。困っている時は闇金こそ良い会社に思えてしまいますが、違法性のある会社であることを認識してください。法律を守らない場合、法律から守られません。

2. 大手消費者金融の即日融資比較表

金利 審査時間 利用額 ネットのみでの
申し込み
プロミス
4.5%~17.5%
最短即日
最大500万円
可能
アイフル
3.0%~18.0%
最短30分
最大800万円
可能
アコム
4.5%~18.0%
即日
最大500万円
可能
レイク
4.5%~18.0%
最短即日
最大500万円
可能
モビット
3.0%~18.0%
仮審査10秒
最大800万円
可能

3. 即日お金を借りやすい大手消費者金融ランキングベスト5

第1位 最短30分で審査可能なアイフル
即日お金を借りやすい消費者金融ランキング第1位は、最短30分で審査が行われるアイフルです。大手消費者金融の中でも審査がスピーディーに行われ、スマホ1つで取り引きが行なえる手軽さがあります。もちろんスマホ1つでの審査申し込みの場合も、来店した場合や電話で審査を申し込んだ場合と同じ内容になっていますので、スマホでのやり取りなので審査が厳しくなるということはありません。

必要なのは原則本人確認書類のみです。50万円以上の借り入れや他社で借り入れがあり、合計借り入れ額が100万円を越える場合には収入証明書が必要になりますが、どちらもスマホで撮影し送付するだけで良いため、短時間で書類を揃えることができます。

金利も3.0%から18.0%と大手消費者金融の中では安い利率となっています。何より即日審査即日融資が可能とされている場合も、店舗にてカードを受け取りにいかなければ当日融資は受けることができず、近くに店舗がない場合には審査に通過してもすぐに借り入れできないという可能性がある中、スマホアプリさえあればセブンATM銀行でお取引をすぐに行うことができます。

そのためアイフルはすぐにでもお金を借りたいと考えている方に、1番おすすめすることができる消費者金融です。

第2位 電話や郵送なしWEB完結で当日融資が受けられるモビット
モビットは三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている場合には、電話や郵送なしでお金を借り入れることができます。

これだけでも便利なのですが、モビットではお金の借り入れをもっと急いでいる方向けにコールセンターを開設しています。ネットで申し込みをした後に、コールセンターに連絡をすることによってすぐに審査が開始される仕組みです。手続き完了後、最短3分でお金を借り入れることができますので、少しでもはやくお金を借り入れたいと考えている方におすすめの方法です。もちろんコールセンターに電話して急いでいるからと言って審査内容が異なることはありませんので安心です。

金利も3.0%から18.0%と大手消費者金融の中でも低く利用しやすくなっています。

第3位 最短1時間後にお金を借り入れられるプロミス
プロミスではお急ぎの方向けに最短1時間後に入金可能なシステムを採用しています。Webからの契約限定ではあるものの、土日や夜間でも24時間対応してくれているため非常に便利です。原則として本人確認書類のみで申し込みができますので、面倒な書類を用意する必要もありません。

審査を通過し契約が完了した後はカードを発行、または受け取りにいく必要がなくスマホアプリにてセブンATM銀行にてお金を受け取ることができます。

このように最短1時間でお金を借り入れることができますが、プロミスの金利は4.5%から17.8%となっていますので、やや高めの設定になっていますので注意しましょう。

第4位 最短30分で審査完了!即日お振込み可能なアコム
自動契約機が用意されているアコムは、スマホやWEBでの申し込みが苦手だと言う方でも即日融資が可能となっている特徴があります。自動契約機を利用すれば8時から22時まで申し込みを行うことが出来、その場でカードが発行されますので即日利用可能となっています。

もちろんWEBでの申し込みにも対応しており、急いでいる場合にはフリーコールすることによって借り入れが行なえるかどうかすぐに回答してもらうことができます。原則的に本人確認書類のみで申し込みを行えますし、アルバイトやパートの方でも利用できます。

第5位 最短15秒で審査!最短60分で借り入れ可能
レイクでは最短15秒で審査結果が分かり最短60分で借り入れを行うことができる場合があります。審査結果を確認できる時間は原則8時10分から21時50分まで、第3日曜日のみ8時10分から19時となっています。また当日融資を受けられる条件として、原則21時までに契約が完了した場合、日曜日のみ18時までに契約が完了した場合となります。

限られた時間ではあるものの、最短で60分で借り入れが出来るのは魅力的です。カードレスのためアプリがあれば、セブンATM銀行ですぐに借り入れることができます。ただし金利が4.5%から18.0%となっていますので、やや高めの設定です。はじめて利用する場合には無利子期間が設けられていますので、ぜひ活用しましょう。

4. 大手消費者金融の審査に通過できない場合は街金の利用を検討しよう

紹介してきた大手消費者金融は銀行などの借り入れ審査と比較すると、厳しい審査とは言えません。しかし、大手消費者金融の審査は誰でも簡単に通過できるわけではありません。大手消費者金融の場合、審査を通過できるのは約4割程度と言われています。例えばブラックリストに掲載されている場合や、働き始めてすぐの場合では審査に通過できないことは珍しくありません。審査内容は公表されていませんが5つポイントがあると言えるでしょう。

・年収の3分の1を超える借り入れになる
この場合は総量規制に反しますので、絶対に借り入れることが出来ません。

・他社からの借り入れ件数が2件以上ある
他社からの借り入れ件数が多いと返済能力がないと判断される恐れがあります。

・複数の消費者金融に1度に審査を依頼する
1度に複数の消費者金融に依頼する場合には返済能力がないと判断される恐れがあります。3か月以内や6か月以内と推測されていますので、審査を依頼する場合には1社に絞り行うようにしましょう。

・過去に自己破産や遅延がある
俗に言うブラックリストに掲載されている状態の場合は返済能力がないと判断されることとなります。1度ブラックリストになると約5年は借り入れできない恐れがあります。

・安定した収入がない
仕事を始めたばかりなどでは安定的な収入とはみなされない場合があるようです。

銀行の借り入れ審査よりも審査に通りやすいと言われる大手消費者金融での審査に落ちたら、もうお金を借り入れることができる安全な場所はないのでしょうか。結論から言えば、大手消費者金融の審査に通過できない方でも街金と呼ばれることのある中小規模の消費者金融会社の審査であれば通過する可能性が十分にあります。

中小規模の消費者金融は、大手消費者金融に比べ若干利率が高くなります。しかし、中小規模とは言え登録されている会社になりますので、法律で定められた範囲内の利率です。大手消費者金融では金利が3.0%から18.0%の間であるのに対し、中小規模の消費者金融での利率は19.0%前後のことが多いようです。

大手消費者金融と比べ審査に通過しやすいのはマニュアル化された審査ではなく、しっかりと個人の状況を見てお金を貸してくれるためです。そのため多くはWEBのみで応募できる手軽さはないものの、即日融資に対応しているところも多いです。中小規模の消費者金融は会社自体の知名度が低いことから闇金と間違えられることもありますが、大手消費者金融同様に登録を受けて営業していますので安心です。

中小規模だからこそ独自の審査を行うことができるため、返済能力があると認められればブラックリストに掲載されていても、お金を貸してくれる可能性があります。そのため少し金利が高めに設定されていると言えるでしょう。

大手消費者金融の審査に落ちてしまう場合、少し利息は高くなるものの中小規模の消費者金融に審査を依頼しましょう。中小規模の消費者金融の有名どころとしてはエイワなどがあります。エイワも対面のみでの審査になるものの、即日お金を借り入れることができます。

5. 無職の場合は後払いアプリを活用して即日ショッピング
大手消費者金融、中小規模の消費者金融のどちらも審査に通過しない場合があります。それが無職の場合です。無職の場合は安定した収入がありませんから返済計画が立てられません。年収が0であれば借り入れることができるお金は0円なのです。これは総量規制によって定められているものですので、消費者金融では絶対にお金を借り入れることができません。無職でも消費者金融でお金を借り入れられるのは専業主婦だけです。専業主婦の場合は夫の収入により借り入れが可能な場合もあります。しかし専業主婦でない限り、無職でお金を借り入れることはできません。もし無職でも貸しますよと言われたら、間違いなく闇金でしょう。

では、無職の人が即日でお金を借りたい場合はどうすれば良いのでしょうか。今の法律では、働くしかありません。しかし働いてすぐでは信用が足りず借り入れることができない場合も多いです。

無職の場合でお金に困っている場合、利用したいのが後払いアプリです。後払いアプリはその名の通り後払いが可能となるアプリです。現金が手に入るわけではありませんが、後払いアプリをして買い物を行うことで、後日引き落としとなりますので緊急時に利用できます。ただし手数料がかかりますし、返済が遅れた場合などには事故歴として残りますので注意してください。

おすすめの後払いアプリはバンドルガードです。審査不要で電話番号と氏名のみで利用することができ、2万円まで後払い可能となります。手数料はやや高めですが、他の後払いアプリよりも利用できる金額が高いため便利です。あくまで買い物のみで利用可能ですので、クレジットカードのキャッシング枠のようなものです。

6. まとめ
ここまで即日お金を借りたい方に向けて必要な情報をまとめてきました。大手消費者金融から中小規模の消費者金融、後払いアプリと自分にとってどれが良い選択なのかしっかりと考えることで、即日お金を借り入れることが出来るでしょう。

すぐにでもお金を借りたいと思っている場合、知らず知らずのうちに闇金で借り入れを行ったり、違法性のある方法でお金を手に入れてしまう可能性があります。ここでは安心安全な方法をまとめて紹介しましたので、安心して利用してください。